子どもが服用した薬をすぐに吐いてしまいました。もう一度同じ量の薬を飲んでも大丈夫でしょうか?

一般的な薬はほぼ小腸で吸収されますので、薬を服用した直後(約30分以内)に全部吐いた場合には、再度同じ分量を飲ませても大丈夫です。ただし、しばらく安静にして、吐き気が治まってからにしましょう。
また、服用後30分~1時間経過して嘔吐した場合は、薬はほとんど吸収されたと考えられるので薬は改めて飲ませずに様子をみてください。

かぜ薬を服用するときに栄養ドリンクで飲んでもよいですか?

かぜ薬にはカフェインが含まれるものがあります。そして、栄養ドリンクで多く含まれているのもカフェインです。したがって、かぜ薬と栄養ドリンクを一緒に飲むと、カフェインの過剰摂取となり、不眠・イライラ・頭痛などの原因となります。
かぜ薬を服用するときは水で飲むようにしましょう。

お薬をもらう際の服薬指導は必ず受けないといけないのでしょうか?

服薬指導は、患者さまの症状を伺いながら、処方されたお薬の効果や副作用についてなどお薬を安全に正しく使用していただくために行うもので、とても重要な説明となります。
薬剤師が患者さまにご説明することはもちろんのこと、患者さまがお薬やお身体の症状で不安なことがある際はお気軽にご相談ください。

「リフィル処方箋」とは何ですか?普通の処方箋とは違いますか?

リフィル処方箋は、症状が安定している患者さまに対して、医師が“リフィルによる処方が可能”と判断した場合に発行される、繰り返し使用できる処方箋です。(一部対象外の処方薬あり)
リフィル処方箋の場合、最大3回まで同じリフィル処方箋で薬の受け取りが可能となります。
リフィル処方箋の導入の背景として、患者さまが診察を受けることなく薬局で薬のみを受け取ることができるため、通院費負担の軽減が期待できると考えられます。

点眼薬を2種類もらったのですが、使用する順番など気をつける点はありますか?

一般的には、懸濁性の点眼は後に使用します。ただし薬品によって異なる場合もございますので、点眼の順序は医師・薬剤師の指示に従ってください。
特に指示がない場合は、先に使用した点眼薬の後に、すぐに続けて次の点眼薬を使用すると先に使用した点眼薬が洗い流されてしまう可能性があります。
したがって、この影響をうけないように5分ほど間隔をあけて使用してください。

飲み忘れて残ってしまった薬があります。残薬はどのように処理したら良いですか?

薬の処分にお困りの場合は、薬局にご持参いただければ薬局スタッフがお預かりして処分いたします。
処方薬は、医師・薬剤師が患者さまの体調や病状を診て、薬剤や量を調整して処方していますので、飲み忘れないように注意しましょう。
また薬を処分することだけではなく、薬剤師が、残薬の調整をして薬の有効活用することができたり、薬の飲み忘れを防ぐためのアドバイスができることもありますので、薬に関してお困りなことがありましたら、薬剤師にご相談ください。

頓服(とんぷく)薬とは、どういう薬でしょうか?

頓服薬とは、食前・食後など決まった時間ではなく、症状がある時に服用する薬のことです。
主な頓服薬として、解熱剤、鎮痛剤、睡眠剤、下剤、狭心症発作を抑える薬などがあります。
前述のとおり、頓服薬は症状がある時に服用するものですが、1日何回まで服用して良いか、次の服用までにどの程度間隔をあければいいかなど薬や症状によって異なりますので、医師や薬剤師の指示に従って正しく服用してください。

お薬の説明書きに「高齢者は、服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること」と書いているものがありますが何故ですか?また高齢者に該当するのは何歳からでしょうか?

高齢者とは、一般的には65歳以上の方が対象となります。
ご高齢の方は、肝臓や腎臓、心臓等の機能が低下している場合があるため、お薬の作用が強く現れてしまう場合があります。したがって服用前に医師、薬剤師または登録販売者に一度ご相談ください。